スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

行き詰っていたシェーダー周りがやっと落ち着きました。
これでスタートラインに立てたと思います。

screenshot_0004s.png

ユニティちゃんお披露目

http://unity-chan.com/
ユニティちゃん来ましたね。

このレベルのモデルをつくろうとしたら何ヶ月かかるやら…
特にテクスチャマップが鬼門です。

じっくりと観察したいのでビュワーをつくりました。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/251938456/Assets.html

声がでます。あとロードが重いかもしれないです。

左ドラッグ:カメラ回転
右ドラッグ:ズーム
ホイールドラッグ:カメラ移動
ホイールスクロール:ズーム
左上のスイッチでモーションとフェイシャルアニメーションのセレクト、右のスライダーで
アニメーションスピードの調整ができます。

[Unity]ブレンドシェイプ解禁

昨年11月にUnity4.3がリリースされ、ブレンドシェイプが正式にサポートされたと知ったのは
今年に入って1月も中旬の頃でした…。

いままでジョイント制御でフェイシャルアニメーションしようとしてた自分は
いったいなぜあんな無駄な時間を…。
まあ、更新情報はこまめにチェックしないといけないということですね。

ユニティーちゃん楽しみです。


https://dl.dropboxusercontent.com/u/251938456/BSTest.html

口周りと胸をいじると反応するようになっています。
いやぁブレンドシェイプ様様です。

[Unity]ポリゴンの両面表示

門戸の開けた3Dエディタとして有名なUnity3D。

ですが困ったところもあるもので、ポリゴンの裏面が透過してしまい、しかもそれがパラメーターで変更できない
というのです。

oneside

裏面にもポリゴンを貼れば問題ないのですが、たとえばローポリでゲームを作ろうとなるとポリゴン数が
倍になるのは致命的です。

Unityのコミュニティではこの話題は散々語り尽くされており、両面表示を可能にしたシェーダーもいくつかつくられているみたいですが、ありあわせのシェーダーだけでは材質表現に限りがあります。
必要ならば自作も避けられません。

というわけでシェーダーのコードの中に両面ポリゴンを可能にする記述を探さなければなりません。

こちらです。
script.jpg

Cull Off
これです。
これをSubShader{}内に書く。これだけです。

※上記のコードはUnityにデフォルトで備わっていたシェーダーで、“Cull Off”の記述は後付けです。

SubShader{}内にある他の関数よりも下だとうまくいかないので、Tags{}の下辺りに挿入するのがベストです。
例外はあるかもしれませんが。

デフォルトシェーダーはソースが公開されているので、これで自由に両面化できます。

bothside

ちなみに「Off」で両面、「Back」で表面のみ、「Front」で裏面のみの表示になります。
コミュニティって大事ですね。
以上備忘録でした。

『桃色ナースのベッドイン』DiGiket.comにて発売

『桃色ナースのベッドイン』 DiGiket.com様においても販売を開始させていただきました。

作品自体はDLsite様のものと差異はありません。

[vid.Visionary] の【桃色ナースのベッドイン】
プロフィール

Author:vid.Visionary

リンク
DLsite様 DiGiket.com様 同人ダウンロードショップ DiGiket.com
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。