スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Unity]ポリゴンの両面表示

門戸の開けた3Dエディタとして有名なUnity3D。

ですが困ったところもあるもので、ポリゴンの裏面が透過してしまい、しかもそれがパラメーターで変更できない
というのです。

oneside

裏面にもポリゴンを貼れば問題ないのですが、たとえばローポリでゲームを作ろうとなるとポリゴン数が
倍になるのは致命的です。

Unityのコミュニティではこの話題は散々語り尽くされており、両面表示を可能にしたシェーダーもいくつかつくられているみたいですが、ありあわせのシェーダーだけでは材質表現に限りがあります。
必要ならば自作も避けられません。

というわけでシェーダーのコードの中に両面ポリゴンを可能にする記述を探さなければなりません。

こちらです。
script.jpg

Cull Off
これです。
これをSubShader{}内に書く。これだけです。

※上記のコードはUnityにデフォルトで備わっていたシェーダーで、“Cull Off”の記述は後付けです。

SubShader{}内にある他の関数よりも下だとうまくいかないので、Tags{}の下辺りに挿入するのがベストです。
例外はあるかもしれませんが。

デフォルトシェーダーはソースが公開されているので、これで自由に両面化できます。

bothside

ちなみに「Off」で両面、「Back」で表面のみ、「Front」で裏面のみの表示になります。
コミュニティって大事ですね。
以上備忘録でした。

コメントの投稿

非公開コメント

わざわざ

返信有難うございます。
そうですか・・・ごっくんないんですね~デモでのお口プレイは良かったのですがw
次回作出るようでしたら、その点が反映されていれば買うと思います。
欲を言えば、お口の尺削ってでもごっくんパターンが複数あれば今の倍の値でも買いますよww

Re: わざわざ

ご意見ありがとうございます。
すこしやる気が湧いてきました^^
プロフィール

vid.Visionary

Author:vid.Visionary

リンク
DLsite様 DiGiket.com様 同人ダウンロードショップ DiGiket.com
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。